労働問題・学校問題

教員の業務の「創造性、自発性」に穴があくのだろうか。大阪府立高校損害賠償請求事件判決

7月4日、散歩の途中から雨。猛暑日が8日続いた。少しだけ気温が下がって、濡れるに任せて歩くのも気持ちがいい。 先般触れたカボチャの蔓は、もう2㍍近くもミモザの木を越えて伸びている。 一昨日から昨日にかけて次女の家族が泊りに。7歳の一年生はどこか…

2023年問題。大学教員の半数を非常勤講師が占めている。大学の授業が、薄給と超多忙の非常勤講師によって支えられているという実態。せっかくの無期転換も機能せず、職を失う危機を前にしている。

大学の非常勤講師をめぐる2023年問題。 2013年に労働契約法18条が施行され非正規5年(例外的に10年)の継続勤務で、無期転換の申し込みが可能となった。非正規労働者を保護する流れだが、多くの大学ではこれに応じず、一年ごとの契約更改を続けてきていて、1…

警察ってこんなに親切だったっけ?

長く続く新型コロナの広がりにも影響され、新たに人と知り合うとか出会うということがなくなった。それどころか旧友と久闊を叙する?ような機会も減ってしまった。 加齢もあり、こうして人や世の中とのかかわりがわずかずつ薄れていく。 それでも不思議なも…

教員免許更新制は廃止されたが・・・法としての立て付けの悪さを反省することなくまた机上の空論からでてきた新たな研修制度が導入される。国は公立学校を自ら崩壊させていくようだ。

柿の葉が目に鮮やか 3日ぶりに境川河畔の散歩道へ。 1か月ほど前、5本の桜の木の下にハナニラとスイセンが咲いていた町田市の小さな市有地。草が膝丈以上に伸び、桜の葉が繁茂して、光の届かない小さな森のようになった。 70年代?に境川の蛇行を改修したた…

東京新聞「こちら特報部」、大学入試問題でミスリードをしているよう思えた。

岸田政権は「聞く力」がウリだそうだ。 昨12月24日にオミクロン株の濃厚接触者は、各大学の個別入試を受験を認めないという強硬方針を発表。 え、なんだそれとびっくりしたが、4日後には突然無症状で陰性なら認めるよに転換。さらに年が明けると、会場までの…

3度目の家宅捜索。理事長室から紙袋に入った7000万円、ちゃんこ従業員宅から2400万円。日大、理事全員辞任。田中理事長は解任。学生は泣いている。

日大理事長の田中英寿容疑者が逮捕されてから、さまざまな動きが表面化してきている。 11月30日には現役、OB教職員らが大学改革を求めてネット署名を始めた。理事長を含む理事全メンバーの辞任を求めている。 これを受けてかどうかは別として、12月1日、田中…

理事長逮捕。これから鬼が出るか蛇が出るか。巨悪に対する地検特捜部の手腕が試される。

きのう、日大の田中理事長が逮捕された。5300万円を脱税したとして所得税法違反の疑い。 田中容疑者は、関係業者から受け取ったリベート収入を除外して税務申告を行い、結果的に2018年と2020年の所得税5300万円を脱税したという。 家宅捜索で自宅から見つか…

『明日のハルコ』を闇にほうってはいけない。脚本、是非一読を。面白いぞ!

福井新聞ネット版(11月17日付け) 9月に福井県福井市内で開かれた福井県高校演劇祭の上演作品で、一部の表現を巡って主催者と創作者が対立する異例の事態が起きている。作中に差別用語が含まれ、演じた生徒に批判が及ぶ恐れがあるとして、主催者側は映…

日大背任事件、「現金を受け取っていても、全体の構造を知らなければ背任罪の共謀認定は簡単ではない」(検察幹部) 検察が逃げ腰なのは裏の事情がいろいろあるからではないか?7千万円もらって所得税法違反だけなんてどう考えてもヘンだ。またもや検察の権力へ忖度か。

日本大学医学部付属板橋病院をめぐる事件で、背任罪で起訴されていた日大元理事井ノ口忠男被告と大阪市の医療法人錦秀会の前理事長藪本雅巳被告の二人は17日、医療機器などの調達についても2億円を上乗せ、日大に損害を与えたとして、再び背任罪で追起訴され…

日大汚職。学生と保護者には損害賠償を請求する権利が十分にある。 請求相手は、理事長をはじめとする大学私物化組だけではない。90億円以上の補助金を出しながら、放恣な経営を許してきた監督官庁の文科省もそれにあたるのではないか。

また日大が揺れている。 大学の私物化。公金に群がる亡者たち。 日大事業部という珍妙な名前の子会社をつくり、田中理事長最側近の井ノ口理事が取締役として付き勝手に采配を振るう。日大関係の備品から消耗品までほとんどの物品を扱い業績を上げる。さらに…

埼玉教員超勤訴訟の判決文を読む。給特法全面肯定。校長の時間外命令と教員の自主的自発的勤務は「渾然一体」、ほとんどの時間外は文科省の云う「在校等時間」。旧態依然のクソ判決。

判決文を読んだ。 ひどい判決である。ムカムカした。旧態依然。今の時代からすれば、それ以上だ。 報道では、弁護団は「画期的」と評価したとあるが、何を言っているのかと思う。「32条で損害賠償が認められる可能性を示した」と云うけれど、判決で言ってい…

埼玉教員超過勤務訴訟判決。教員の時間外勤務を労基法上の時間外労働とは認めず。

埼玉の」田中まさおさん(仮名)の教員超勤訴訟の判決が出た。 請求棄却。 教員の残業は労基法上の時間外労働ではなく、したがって36協定の締結もできないという判断のようだ。 ただ、原告のツイッターを見ると、「まとめ」の部分で教員の長時間労働の現状を…

横浜市中学校社会科教科書、昨年決まったのに再採択。結果は昨年を踏襲して帝国書院に、自由社は採択されず。

14時からyoutubeの生中継で横浜市教育委員会議。 メインは中学校社会科教科書の再採択。 昨年、長い間の自由社、育鵬社から帝国書院が採択されたが、今年になって新たに自由社額のの検定を通過。自治体によってはそのまま何もしないところも。 横浜市は再採…

戦後の教員政策の中で最悪の愚策、教員免許更新制を文科省みずから廃止。

戦後の教員政策の中で最悪の愚策、教員免許更新制を文科省みずから廃止。 今回、廃止の原因とされたこの法律の不具合は、成立前にすでに分かっていたものばかり。 私は更新の対象から外れる年齢の一番下だったため、一度も免許を更新をせず、定年後も更新の…

「まちがってたら申し訳ないんですけど・・・・・・ホワイティさんですよね?」

19日、一年ぶりの胃の検査。 早期胃がんの疑いで入院、手術したのが、2019年7月。患部を切除後、生体検査をしてめでたく?「疑い」がとれてそろそろ2年になる。 昨年は2月と5月に内視鏡検査、問題なしだったため、次は間をあけて1年後にということで今年の1…

 学校労働者に対する変形労働時間制に抗して(第37回教育労働者全国交流集会in御殿場 でのレポート) 

8月に御殿場で行われた教育労働者交流集会で短いレポートをした。そのまとめが冊子となって発行されている。自分の分はデータがあるので、ここに再録する。 2019年秋に可決された”改正”給特法、目玉である変形労働時間制の条例化の背中を押そうと文科省は躍…

境川でイタチ発見。  多田謠子反権力人権賞受賞発表会 宮城秋乃さん 青木惠子さん そして北村小夜さん。

今朝、4時の気温、0.9℃。5時には2℃を超え、夜明け直前の6時半にまた0.9℃に。 へえ~。 きのう、境川河畔。 葉を落とした木にとまるシジュウカラを見つけて眺めていると、珍しくメジロを3羽見つける。きれいなウグイス色。 きのうの収穫はまたまた初めての生…

横浜市人事委員会、教育委員会の体罰処分(戒告)を取り消す。教育委員会事務局コメント「調査が不十分だったという裁決であり、体罰があったという判断が誤っていたとの認識はない」こんな理屈が通用するのか。

土曜日の朝の空 以下の文書は、横浜市教育委員会の「記者発表」からの引用である。 横浜市記者発表概要 令和2年11月6日 教育委員会事務局 教職員人事部教職員人事課 懲戒処分に対する人事委員会の裁決(取消し)について教育委員会は、平成28年8月1日、児…

萩生田大臣の『修学旅行にGoToを』は、国策推進のために「他人のふんどし」を使って、学校や児童、生徒を効率よく利用しようという試み。この呼びかけでまた現場はいらぬ問題を抱え込むことにならないか。

グランベリーパークのくまの親子(散歩の途中で) 「文部科学省新着情報メール配信サービス」を登録している。無料である。 大変な分量だから、毎回は読まない。 気が向いたり、気になることがあるとさかのぼって見てみたりする。 フォローしているTwitterで…

明日、ようやく6回目の授業に。相変わらず隔靴掻痒の感はぬぐえないが、よく考えてみれば対面に隔靴掻痒感がないかと言えば、そんなことはない。 人は誤解する程度に理解できればいいといった人がいたが、誤解の度合いで言えばそんなに違わないのかもしれない。

月曜日の午後。雨の予報が出ているが、まだ降ってこない。 ずっと本を読んでいた。 月曜日の午前中までに、明日の授業の資料を大学のブラックボードとよばれるネット上の掲示板に載せておくことにしている。 これが終わると明日の午後の授業までは少しほっと…

通勤していないのに、通勤していないから、終わると妙な疲労感が残る。 始まっても自分の部屋、終わっても自分の部屋・・・だ。

オンライン授業、昨日で4回目が終わった。 通勤していないのに、通勤していないから、終わると妙な疲労感が残る。 始まっても自分の部屋、終わっても自分の部屋・・・だ。 1~3回目は、Zoomそのものの操作に戸惑い、あたふたしたが、ようやく慣れてきた。 …

強制されなくても掲げ、歌ってしまう人たちが今では多くなっている。 ひとりで自分の「節」だけ守って教員生活を終えたが、それでよかったのかと考える。 善し悪しのことではない。結局、誰も巻き込むことができなかったという忸怩たる思いである。

中曽根元首相の合同葬への弔意や半旗掲揚要請に従った独立法人の元国立大学がいくつかあったようだ。 学問の自由、独立を自ら放棄する行為。 弔意や半旗ではないが、全国の義務制の学校は89年の日の丸・君が代調査以来、こうした文科省ー都道府県教委―地教委…

双方向型授業?を始める。・・・「ああ、疲れた!」というと、Mさんの「お疲れさま」の声、首をかしげてじいっと見上げているライの視線。 早めにウイスキーに手を伸ばしてしまう。「今日だけね」。

9月29日から授業が始まった。在宅での授業である。 Zoomというweb会議用のソフトを使う。「双方向型授業」というのだそうだ。 この3カ月、準備はしてきたが、どうにもいつもと気分が違う。 気が重いのである。 16人もの人間の平面的な顔がディスプレイに映し…

『その手に触れるまで』(ダルデンヌ兄弟)まるで、ドキュメンタリーの画面を見ているような気分で、実はダルデンヌ兄弟の術中にはまってしまっている。その想念はしっかり計算された求心的なテーマ設定に基づいているからだ。  

16日にジャック&ベティで見た二本目。 『その手に触れるまで』(2019年/84分/ベルギー・フランス合作/原題:Le jeune Ahmed(若いアメッド)/監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ リュック・ダルデンヌ=(ダルデンヌ兄弟)/2020年6月12日公開) ダル…

ゆうパックのおじさんが運んでくれる泡盛と素敵な小文で、石垣島とつながっている。

台風15号石垣市登野城で71メートル 八重山で停電7千戸(琉球新報2015年8月23日の記事から) 2か月に一度、琉球泡盛を注文する。 定期的に届くというやつではない。 あゝもうなくなったのか・・・。また注文しなきゃとひとりごとを言うと、ちょうどそれが2か…

文科大臣「規模を縮小してでも学校行事を実施てほしい」コロナによってどれほどの制約を受けながら、日々の学校が営まれているのか、この大臣は想像したことがあるのだろうか。 規模を縮小してでも・・・。 簡単に言ってくれるよなあ、と1、2年教員をやった人ならため息をつくだろう。

あるがままのアート展から 感覚的、良心的多数派?の立場にうまく乗っかって、上手に点数を稼ごうとする人はどこの世界にでもいるものだ。 お茶の間の人気者?尾木ママこと尾木直樹という人のコメントを読んでいると、なんとまあ巧妙なことと思う。子どもや…

国際平和文化都市広島、270億円サッカースタジアム建設の裏で、大田洋子文学碑、市民に説明なく移設か。碑が設置される場所にもそれ相応の意味がある。場所もまた碑の一部なのだ。

あるがままのアート展から 9月1日(土) 夜半に降った雨のせいか、朝の気温が久しぶりに30℃を切った。 このまま涼しくなるのではないかという願望がかなわないのは毎年のこと。炎暑の一休み、真夏の気まぐれに過ぎない。 ”国際平和文化都市”広島でまたしょう…

文部科学省、休日に教員が部活動の指導に関わる必要がない仕組みを整備する改革案をまとめる(8月31日)。はて、教員であるママパパの土日は、日本ではいったい誰のものなのか、まだ先行きは見えてこない。

あるがままのアート展から 8月31日(月) 例年に比べて8月の平均気温が2.1度上がったのだとか(9月1日の新聞)。 少しでも早めの方が涼しいかと6時半ごろに玄関を出る。 マスクをしていない散歩者が少しずつ増えてきているような気がする。 カワセミの姿を頻…

「あるがままのアート 人知れず表現し続ける者たち」(芸大美術館)ついじっと見てしまう。面白さに惹かれる。作品の存在感に圧倒される。 アタマの中で変換しなくても、カラダが引きこまれる。

夏の備忘録の続き 8月21日(金) 2人揃っての電車での外出は、4月以来のことになるだろうか。 上野の芸大美術館へ。 散歩しているときにも思うことだが、炎天下の屋外でもマスクを外さない人が多い。 混雑とは程遠い上野公園、9割ぐらいの人たちがマスクをし…

オンライン授業「おかざき学級」自然体とか等身大とか言った言葉に近い「ふつうさ」が魅力的だ。 わざとらしいダジャレや無理すじのユーモアはない。ふつうに子どもたちに話しかけている。授業が好きで仕方がないという感じは全くない。 あるのは安心感だろうか。授業の緊張よりも子どもたちはどこかで少しほっとしているような。  

8月17日(月) 相変わらずの炎熱ぶり。朝の散歩だけは続けている。 これをしないと、一日中家の中でパソコンかテレビの前、あるいは寝床で過ごすことになる。 録画しておいた『ヤジと民主主義~警察が排除するもの~』を見る。 HBC北海道放送の制作最初の放…