防衛省、宮古島に弾薬庫建設。住民をだまし討ち。「明示的に説明しなかった」との防衛相の厚顔無恥ぶり。

朝の気温が5℃。この時期としてはかなり低い。 いつもの坂道の途中の畑のそら豆に、花がつき始めた。 境川の水が珍しく濁っている。昨夜、上流で雨が降ったのだろう。 今朝もカワセミを見つけた。葦の穂先に留まっている姿は、青い宝石。 最近、毎日のように…

新元号。自分の時間は自分が支配する。自分の人生は自分のものなのだから。

昨日(1日)は早朝から、テレビはどこのチャンネルも元号一色。 NHKも「発表まであと〇時間ですね」などとやっている。 早朝に出てから深夜までの一泊二日、新幹線と高速バスに長時間揺られて会津を往復した身には、なんとも喧しいことこの上ない。 お昼にテ…

3月がいく。さまざまなことあった桜かな、である。

3月が終わる。一週間ほど前から咲き始めた桜が、今日ほぼ満開に。境川河畔の散歩道の枝垂れ桜も真っ白な花びらを散らし始めている。 3月になって気温が10度を超える日にはライもいっしょに散歩をする。 朝食を終えて「散歩、いく?」と声をかけると飛び上が…

人生は痛快な出会いと不思議な展開にあふれている。楽しい出会いだった。Mさん、またいつか一献、豪快に飲みましょう。楽しみにしています。

昨日の朝、大阪のMさんが亡くなったとのメールを、高槻のHさんからいただいた。 昨年の10月に茨木のご自宅にお見舞いに伺った。お酒はなかったが、いつものように気の置けない仲間たちとの談論風発。久しぶりに楽しい時間だった。 まさかこんなに早いお別れ…

3・11の事故のあと、いずれこうした集団的な発病の事態が起きたとしても「原発時の影響とまでは云い切れない」として放置されていくのではないかという懸念が巷で言い交されたが、今まさにそうなっているのではないか

今朝の新聞に水泳の池江璃花子選手の記事があった。無菌室での厳しい治療、闘病生活が続いているという記事だ。 私にも、友人や親せきに白血病と闘った人、闘い続けている人がいる。彼らの話を聴くだに、この病気との闘い、治療は大変なものだとつくづく思う…

武田珈琲(石垣島・崎枝)のコーヒーと陶風舎(松江市東川津町)のコーヒーカップ? そして目の前にいるM君と、遠い昔のY君のこと。

昨日一日、全国的に大荒れの天気。横浜も朝から暴風雨。 午後はからっと晴れた。気温は18度。久しぶりに午後の散歩。空も雲も秋空のように高い。渇水気味の境川にも潤いが戻った。ミモザの黄色が鮮やかだ。気持ちのいい午後。 ふたつ、紹介したいものがある…

広島市の被爆体験伝承者養成事業、伝承者は「原発問題には触れるな」と広島市市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当。当事者性ということをどう考えるか。

これは今朝、広島の中澤晶子さんから送られてきたもの。私のところは朝日新聞は取っていないので、この記事が全国版のものなのか地方版なのか分からない。もう読まれている方がいるかもしれないが、大事な記事だと思うので載せておく。 すみません。画像を回…

NHKBS時代劇『小吉の女房』江波杏子さん追悼。

今朝の気温4℃。快晴。啓蟄を過ぎてもこんな日がある。というより、南関東の3月は意外に寒い日が多い。 海軍道路の広大な畑のあちこち、作物が植わっていないところに霜柱が広がっていて見事。 畑のそこここに収穫されなかった大根、ブロッコリーなどが放置さ…

石垣島の散歩の道すがら、薄皮一枚はぐとみえてくるものは…。

3月に入ってから2日間、雨が降り続いた。40分ほどに過ぎないのだが、朝の散歩がなくなると、どうも気分がすっきりしない。 石垣島では、初日の夜の深酒で1日、3日目パンナ公園のエメラルド展望台への登山(160㍍の急階段)の疲れで一日、都合2日は休んだが…

県民投票の裏で、沖縄防衛局、石垣島で陸自配備のための作業を強行。

1日の夕方に、石垣島から戻った。5日ぶりのことだ。薄暗くなってきた時間だったので、カーテンは開けなかった。 2日の朝、疲れが残っているのか、遅く起きて来たつれあいが「梅、どうなっているかな?」と言う。「そうだ、梅だよ、梅」とカーテンを開けてみ…

沖縄県民投票、反対の民意、あきらかに。

沖縄県県民投票「反対」は43万4273票,投票総数の71・7%を占めた。有権者総数の4分の1を超え、昨年9月の知事選でデニー知事の過去最多得票の39万6632票を上回った。 これでも日本政府は、アメリカのための基地をつくり続けるのか。

『ファースト・マン』と中澤晶子さんを囲む会2月14日

2月14日、桜木町・みなとみらいブルク13で『ファースト・マン』(2018年・米・141分・原題:First Man・監督デイミアン・チャゼル・主演ライアン・ゴズリング)を見る。平日の13時過ぎ、7割ほど席が埋まっている。 かなりの長尺だが、全編惹き込まれ、時間を…

福島原発かながわ訴訟、横浜地裁国と東電の責任を認め、原告152人に対し4億2千万円の支払いを命じる。

昨日20日、11時過ぎ、横校労のMLにHさんからのメール「判決が出ました。勝訴! / 垂れ幕 被害者にやっと春! 賠償水準大きく前進! 法の庭 八分咲きなり寒の梅!」。横浜地裁に多くの組合員が駆けつけた。 この訴訟、東京電力福島第一原発の事故で神奈川県内…

横響、オールベートーヴェン・プログラム 若々しさがぶつかり合う「皇帝」。指揮、オケ、渾身会心の第七番。

2月13日、横浜交響楽団の第692回定期を神奈川青少年センター・紅葉坂ホールで聴いた。 オールベートーヴェン・プログラム。指揮はすべて鈴木衛。外連味のない思い切った指揮が小気味よい。 最初の曲が『劇付随音楽「アテネの廃墟」序曲』。1812年2月9日の初…

葬儀で帰省する。

先週末、つれあいの親戚に不幸があった。亡くなったのは、若いころから私も可愛がってもらったつれあいの従兄である。享年87歳。 長く中学の教員を務め、退職後は短歌と新聞投稿を趣味とし、脳梗塞のおつれあいの介護に専念した。2年前より入院、加療に勤め…

バカッター問題に隠れて、今あるパート・アルバイトの労働問題や企業倫理の問題を忘れてはならないと思う。

2月も半ば。久しぶりに海軍道路方面を歩いた。広大な畑が広がる散歩道には紅梅や白梅が静かに咲いている。 30年近く住んだ港北区菊名から歩いて30分のところにある大倉山梅林も満開の時期だろう。 東横線大倉山駅を降りて、線路に沿った急坂を7~8分ほど上…

「もっきり」

天気予報は一昨日から雪の話題ばかり。 関東南部の平地でも数㌢の積雪というので、朝から待っていたのだが(ヒマである)その兆候は全くなく、ただただ曇天。そのうち津田沼に住む長女からLINEで積雪の動画が伝えられる。夕方には雪だるまをつくる子どもたち…

松本紘佳・佐藤卓史リサイタル ショスターコヴィチヴァイオリン協奏曲1番 二人の超絶技巧とたぐいまれな構成力

風邪が小康状態?だった日曜の3日、西国分寺の「三百年の古民家の温もり りとるぷれいミュージック・ハウスコンサートNO.204」につれあいと出かけた。 閉所が苦手なため、なんとしても最前列の端っこの座席を確保すべく、開場20分前に到着。 先客が20人も…

『ピラミッド』(へニング・マンケル)、風邪をひいて寝床で読む。

体調不良である。 1月27日、夕食後微熱を感じ、葛根湯を呑んで早めに就寝。いつになく手際のよい対応。 1月28日、すっきり起きる。微熱もどこかに。夕方、30数年来の友人、横須賀のTさんとの年に二度ほどの会談(呑み会)、都合でキャンセルに。午後に予定し…

大坂なおみモデル、日産GT-R1260万円、シチズンエコドライブ86400円、ともに売り切れ。人は何を買うのか?

日産が発売したスポーツカーGT-R「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」が当初予定の50台を完売したという。2月中旬までキャンセル待ちを受け付けている。 価格は1260万円。安くはないが、もっと高いクルマはたくさんある。売り出し台数…

『バルバラ セーヌの黒いバラ』、バルバラを楽しもうと思っていくと・・・。2度見て面白さが感じられればいいけれど?

U 『バルバラ セーヌの黒いバラ』(2017年・仏・98分・監督マチュー・アマルリック・主演ジャンヌ・バリバール)をジャック&ベティでみた。 「セーヌの黒いバラ」というサブタイトルは日本の配給会社がつくったもの。原題“Barbara”。ヨーロッパ的なそっけな…

1・25中教審答申は、現行法とかけ離れた実態を容認し、法を無視して膨大な時間外勤務を押しつけることにした、いわば横紙破りの認めがたいものである。 

「教員の働き方」についてである。 1月26日、新聞各紙が中教審答申を報じた。朝日、読売、日経、東京の4紙を読んだが、読売だけが見出しに「部活動指導は勤務」と打った。他紙は、そのあたりをあいまいに捉え、総合的施策として、残業時間の限定や変形労働時…

映画『家へ帰ろう』奇跡的にアブラムは友人のもとへとたどり着く。そのさまは、まるでアブラムがヨーロッパ各地に埋められている「躓きの石」を飛び石のようにしてわたっていくようにさえ見える。

昨年12月下旬に封切られた映画『家へ帰ろう』(2017年・スペイン/ アルゼンチン・原題:El ultimo traje(最後のスーツ)・93分・監督パブロ・ソラルス・主演ミゲル・アンヘル・ソラ)をジャック&ベティでみた。レディスデイだったこともあり、25分前にチケ…

今年度の授業終了。卒業おめでとう。老教員のできることは、健闘を祈ることぐらい。人を大切にしない「働き方改革」に負けるな。

今年度の授業が終わって一週間。節目のことだから少しだけ触れておきたい。 最後の授業は、例年通り17人の受講生全員がスピーチをした。 教職課程の「教職実践演習」という教科を受け持って3年目になる。週一コマ半期の授業。4限目14:40 ~16:10。ほぼ毎回、…

境川河畔を歩きながら、自然の事物のバランスを破ってに突然現れる軍用機を見るにつけ、この疑問は高校生の頃から変わっていないことに気がついて暗澹たる気持ちになる。

2週間ほど前に紅梅が咲いているのを見つけた。 近所を二人で散歩していて、あれ?何か目に触れたなと思って振り返ったら、小さな花びらが揺れていた。大寒に入る前のことだ。春近し?いやいやまだまだ。 相変わらず雨が降らない。空気が乾いている。朝方には…

全豪オープン、大坂直美選手優勝。3つの国がつながって、そこに大坂なおみがいるということが素敵なことのように思えるのだが。大坂には狭隘な「日本すごいですね」に組み込まれてほしくないなと思う。

全豪オープン2019は大阪なおみ選手の優勝で幕を閉じた。 クビトバ選手との決勝はタフなものだったが、安定感という点では大坂が一歩先んじていたという印象。 手前勝手な想像に過ぎないが、大坂が一番きつかったのは3回戦、シエシュエイ(台湾)とのゲームだ…

2019豪オープン女子準決勝大坂なおみ選手勝利、日本や日本のテニス界をあげて大坂選手を育ててきたような言い方

午後、大坂なおみ選手が出場する全豪オープン準決勝を見ていた。 昼間からテレビでテニス観戦ができるのは、昼酒同様、退職者、それも仕事をしていないおっさんの特権だ。2時間近く楽しんだ。 対戦相手はチェコのカロリナ・プリスコバ。昨年世界ランク1位だ…

町田総合高校の先生に:「生徒は明らかにあなたの人間性、教員として積み重ねてきたキャリア、まっとうな市民としての立場を平気で踏みにじるような発言をした。あなたの反撃に理由はたしかにある。多くの批判を甘んじて受けながら後悔と罪悪感に苛まれても、侮辱に対して抗った自分だけは保っておいていほしい」。

都立町田総合高校での教員による生徒への暴力の報道が波紋を呼んでいる。 当初、生徒への殴打と「ふざけんじゃねえよ、誰に言ってるんだ」という教員の言葉がフレームアップされて報道されたが、その後、被害生徒のグループのひとりが「ツイッターで炎上させ…

「生きてるだけで、愛」やっぱりこれって立派な恋愛映画。面倒くさくて嫌な女と、それに向き合わないずるい男の話ではない。

通院日。大和市の巨大図書館シリウスに寄る。珍しくやや空き気味。 目的は文学界12月号の砂川文次『戦場のレビヤタン』。バックナンバーの格納庫?にはなく諦める。先月もなかった。今月末には単行本化されるとのことだが。 当月号があったので、村田紗耶香…

正則学園の問題は「理事長への挨拶の強要」がセンセーショナルに取り上げられたが、それを除けばほとんどすべてが現在の公立学校の問題と重なるということだ。

去年のクリスマスイブから18日間、関東では雨が降っていないという。 今朝の湿度37%。気温は1℃。 風がないのでさほど寒さは感じないが、かなり乾燥している。 インフルエンザの流行も始まっている。快晴。 毎日のように火事のニュースを見る。火事には限ら…