若葉台団地の秋の花火大会。思わぬ目の保養に。

映画もそうだが、数日前のことを忘れてしまわないように、このブログを活用している。日記でいいではないかとも思うのだが、手書きの日記は、手書き自体が億劫になっているせいか、書いていても先を急いでしまいぞんざいになってしまう。ブログがぞんざいで…

『スーパー30アーナンド先生の教室』街角での英語劇。単に英語を学ぶのが大事というのではなく、自分たちには自分たちの英語があるという主張がそのシーンを支えている。

映画備忘録 11月16日(水) 『スーパー30アーナンド先生の教室』(2019年製作/154分/G/インド/原題:Super 30/監督:ビカース・バハル/出演:リティク・ローシャン他/日本公開2022年9月23日) 貧しい家庭に生まれたアーナンドは数学の才能を認められ、…

二つの展覧会

秋、冬は展覧会の季節。 案内のはがきをいただけば、できるだけ見に行こうと思っているのだが、よんどころのない用事が重なって行けない年が続くと、いつの間にか案内が届かなくなる。寂しい気もする。そんなふうに少しずつ世間が狭くなっていく。 先日、HY…

「第三者返答」を考える

伊是名さんのコラムには、ふだんなんとなく気が付きながらスルーしてしまっていることに気づかされることが多い。 こうして「第三者返答」という表現で具体的に指摘されると、これらが日常の些細なエピソードではなく、社会の中のさまざまなシーンで繰り広げ…

『彼女のいない部屋』「構成、編集(モンタージュ)、撮影、音楽が一体となった新しい感覚の映画」(そんなに褒めないよ 映画評)映像と音楽は美しいが、私はついていけなかった。

映画備忘録 11月11日 『彼女のいない部屋』(2021年製作/97分/G/フランス/原題:Serre moi fort/脚本・監督:マチュー・アマルリック/出演:ビッキー・クリープス アリエ・ワルトアリテ/日本公開:2022年8月26日) 本国フランスでの劇場公開前に明かされ…

バンドネオン(小川紀美代)とチェロ(三間早苗)のデュオ。ピアソラで締めるプログラム、圧倒された。

水辺の鳥たちのことは何度も書いたが、11月半ばにカモメが一羽、境川上流に迷い込んできた。今までになかったわけではないが、この10数年で1度か2度、目撃したことがあるだけだ。 写真ではわからないが、サギやカモなどに比べ、かなり大きい。首も太い。 次…

『靴ひものロンド』哀しいはずなのに、誰も哀しそうに見えない。妻の夫への憎悪の激しさは伝わってくるが、30年後には元のさやに。家族それぞれの感情の発露が何かにせき止められていて、ふしぎな中途半端感が残る。

映画備忘録 11月11日 『靴ひものロンド』(2020年製作/100分/G/イタリア・フランス合作/原題:Lacci/原作:ドメニコ・スタルノーネ/監督:ダニエル・ルケッテイ/出演:アルバ・ロルバケル ルイジ・ロ・カーショ/日本公開:2022年9月9日) 1980年代の初…

10・6紀尾井ホール、全曲youtubeで公開。

秋も深まってきて、境川に鳥の群れが増えている。 サギ、コサギは日を追って増えているし、今朝はカワウがどっと増えた。カモも生まれたばかりのものも含めて負けずに飛び回っている。数は少ないがバンもこの時期になるとやってくる。 いっとき下がった気温…

ヴィヴァルディとハルヴォルセンの2曲。動画が公開された。

昨日も今日も、一日中風もないあたたかな、まさしく小春日和。夕方の散歩は昼下がりに変更しているが、30分ほど歩くだけで汗ばむ。 例年のことだが、境川にサギが増えた。 アオサギも数羽いるが、ほとんどがシロサギ、コサギ。どれも純白。どうしてああまで…

『人質 韓国トップスター誘拐事件』どうしてこんな本格的なエンタテインメント性満載のアクション映画が、韓国ではできるのか。

10月25日~27日、Mさん、友達と小旅行。お土産はにまつわるものが多かった。 28日(金)、こうほく・街を耕す会で「コロナ禍の学校はどこに向かうのか」という話をする。高齢の方に交じって中学生のお母さんも。『あなたのブツがここに』(NHKドラマ)や高橋…

『夜明けまでバス停で』転落していくときのひりひりするような焦燥感がこの映画からは伝わってこない。勝手な言い草だが、残念。

丹沢の雪は消え、富士山の頂上付近の雪も消えかかっている。冷え込みも幾分和らいだ。今朝はカワセミを見なかった。そのかわりシジュウカラを見た。いつもつがいで跳びまわっていて、子どものようでかわいいと思う。 映画備忘録 10月21日(金) 『夜明けまでバ…

10月中・下旬の備忘録。

今朝は一番の冷え込み。丹沢も富士山も一気に雪化粧。 少しずつ秋らしくなっていく。 1昨日、山際経済再生担当大臣、辞表提出。東京新聞は「山際経済再生相 更迭」と一面で報じた。リードを読むと「事実上の更迭」とある。水面下で「辞表提出せよ」という指…

『マイ ブロークン マリコ』友情のようなものの非対称性、それぞれがもっているものもいびつだし、求めるものと求められるものも常にズレていく。 いつもその満たされなさの中で生きるしかないということか。

スカっと晴れ上がった秋空にならない。曇天ときどき小雨。 それでも境川の水辺の鳥たちはにぎやか。母親らしい親ガモに連れられ6羽の子カモが水面を渡っていく。その横に、アオサギ、サギ。潜っているのはカワウ。キセキレイ、ハクセキレイが飛び交う。一昨…

10月6日 紀尾井ホール「魅力あふれる協奏曲の世界」

コンサートの備忘録。 10月6日、東京・紀尾井ホール。愉音第24回コンサート。 今回は「魅力あふれる協奏曲の世界」 冒頭、いつものように音楽評論家の奥田佳道さんのプレトークが15分ほど。 ラジオで聴くのと変わらないやわらかいバリトンで、ヴィヴァ…

プーチンも、日本の「こんな人たち」も…いつになったらやめるのだろうか。

ロシアのウクライナへの無差別攻撃が続いている。 停戦は見えてこない。互いにクリミア橋への攻撃は相手方によるものと主張している。自分がやりおおせたことの原因はすべて相手にある。 無差別攻撃に対しG7は、新たにウクライナに対する武器支援を決めてい…

『川っぺりムコリッタ』「そっち」でいちばん素晴らしかったのは、ホームレスの人のギターと墓石売り(吉岡秀隆)の息子、小1ぐらいか、彼の弾くピアニカの2重奏。ああ、自分も「そっち」に行きそう。

映画備忘録。10月2本目。6日、グランベリー109シネマ。 『川っぺりムコリッタ』(2021年製作/120分/G/日本/原作・脚本・監督:荻上直子/出演:松山ケンイチ ムロツヨシ 満島ひかり 黒田大輔 江口のり子 尾形直人 吉岡秀隆 田中美佐子 柄本佑 笹野高史 薬…

『私のはなし 部落のはなし』差別問題をとらえようとする監督の姿勢に共感。差別論の深堀を期待する。

『私のはなし 部落のはなし』(2022年製作/205分/G/日本/監督:満若勇咲/プロデューサー:大島新/公開2022年5月21日) 日本に根強く残る「部落差別」を題材にしたドキュメンタリー。かつて日本には「穢多」「非人」と呼ばれる賤民が存在した。1871年に明…

『スープとイデオロギー』ヤン・ヨンヒ監督の渾身のドキュメンタリー。日本と朝鮮半島の歴史の継承の一つの在り方を示している。

映画備忘録。9月最後の1本。 『スープとイデオロギー』(2021年製作/118分/G/韓国・日本合作/原題:Soup and Ideology/脚本・監督:ヤン・ヨンヒ/公開:2022年6月11日) 「ディア・ピョンヤン」などで自身の家族と北朝鮮の関係を描いてきた在日コリアン2…

『空気殺人』 ユン・ギョンホがよかった。『最強殺し屋伝説国岡完全版』フェイクドキュメンタリー?もっと笑わせてほしかった。

映画備忘録。9月にみた映画3本。 『最強殺し屋伝説 国岡 完全版』(2021年製作/93分/G/日本/監督:坂元裕吾/出演:伊能昌幸他/公開:2021年10月8日) 「ベイビーわるきゅーれ」「黄龍の村」など、バイオレンス、アクション、ホラージャンルの作品で注目…

『戦争と女の顔』戦争シーンのない傑作戦争映画。

9月にみた映画の備忘録。 『戦争と女の顔』(2019年製作/137分/PG12/ロシア/原題:Dylda/原案:スベトラーナ・アレクシェーヴィッチ/監督:カンテミール・バラーゴフ/出演:ビクトリア・ミロシニチェンコ バシリサ・ベレリギナ/日本公開:2022年7月15日…

「没後50年 川端康成展 虹を紡ぐ人」

6日、コンサートのために上京したHさんと県立美術館へ。 朝から雨、気温は12℃。桜木町駅から「あかいくつ」号に初めて乗った。雨に煙るヨコハマ、ロープウエイ(YOKOHAMA AIR CABINというのだそうだ)もハンマーヘッドも初めて。ここにこんな建物があったの…

遅ればせながら『トップガン マーヴェリック』観終わって何が残るか、なんて関係なし。2時間11分、ただただひきずりこまれる。すごい・・・トム・クルーズ。

映画の備忘録。簡単に。 9月13日、グランベリ―パーク109シネマズで 『トップガン マーヴェリック』(2022年製作/131分/アメリカ/原題:Top Gun: Maverick/監督:ジョセフ・コジンスキー/出演:トム・クルーズほか/日本公開5月27日) トム・クルーズを一…

北村小夜さん宅に伺い、るるるみどり館とマークサロンで歌を唄い、大学で学生の話を聴いた。

歌舞伎は22日だった。 次の日の秋分の日、友人2人と私たち2人、4人で蒲田に住む北村小夜さん宅へ。 体調を崩しているらしいとうかがったので、顔を見に行きたいと思い立った。 お見舞い、というのが基本的なスタンスだったので、花など用意したのだが、実際…

10年に一度の歌舞伎を楽しむ。

10月の声を聞いて、今年もあと3ヶ月に。しかし昼間の気温はまだ30度。散歩も短パンこそ終わったが、上半身は半袖シャツのままだ。 今朝の境川、珍しくカワウが潜って餌を探している側に大きなアオサギ、マガモ、そしてカワセミも。サギもギーギーと鳴いてい…

広島市、子ども図書館のエールエールA館への移転を撤回。しかし、中央図書館、映像ライブラリーを一体的にとらえず、分割移転も視野に。場当たり的な杜撰な計画はそのまま。

こちらではあまり報道されていないが、広島の子ども図書館移転問題に動きがあった。 このブログでも署名をお願いしてきたので、遅くなったが、わかる範囲で報告したい。 9月21日の中国新聞デジタル こども図書館は現在地のまま 広島市が移転方針を撤回 広島…

『百花』傑作との評判だが、駄作だと思う。ゴメン。

今朝、5時の気温18℃。寒くて窓を閉めた。おとといはエアコンを使っていた。きのうの同じ時間には25℃だった。強烈な台風14号が勢力を保ったまま沖縄、九州から山陰、北陸へ。各地で被害が出ているが、東北を横断するころには温帯低気圧に。1日を経て今朝のこ…

『ゆめパのじかん』子どもたちの思いや動きを受け止めてくれるゆめパの意義も素晴らしいし、それを受け止めながら、ゆめパで働く大人たちも魅力的だ。でも・・・。

土日は、次女と孫二人が泊まりにきた。父親のAさんは、仕事が詰まっていて来れないとのこと。たまの孫の来訪はやはり待ち遠しく、掃除をしたり寝具の用意をしたり、料理の仕込みもあって、Mさんを中心に?非日常の時間を過ごす。 上の子Aくんは小1。元はと…

『メイド イン バングラデッシュ』グローバル企業の抑圧の下、長時間労働と低賃金で苦しむ若い女工たちの闘い。

映画備忘録。 前回の2本の前にあと2本見たのを失念。 9月2日、kikiで 『メイド イン バングラディッシュ(2019年製作/95分/フランス・バングラデシュ・デンマーク・ポルトガル合作/原題:Made in Bangladesh/監督:ルバイヤット・ホセイン/出演:リキ…

『L.A.コールドケース』・・・。脚本の骨格の安定感、そして感情のディテールが丁寧に描かれている。久しぶりに重厚な犯罪映画  『ボイリング・ポイント/沸騰』ワンテイク90分 自分がレストランの中にいて一緒に動き回っているような強い臨場感

久しぶりに映画備忘録。 『L.A.コールドケース』(2018年製作/112分/G/アメリカ・イギリス合作原題:City of Lies/監督:ブラッド・ファーマン/出演:ジョニー・デップ フォレスト・ウィテカー 他/日本公開:2022年8月5日) 1997年3月、人気絶頂期にい…

カワセミの求愛給餌

昨日は仲秋の名月。 夕方の散歩のときには雲はきれいになくなり、さぞやいい満月が望めるだろうと思っていたのに、風呂に入ってビールを呑んだらすっかり忘れてしまった。 気がついたのは今朝のテレビのニュース。 今朝の気温21度。湿度60%。境川河畔に出る…