『ファースト カウ』など2024年2月の映画寸評⓵

年が変わってから映画館によく足を運んでいる。 2024年2月の映画寸評⓵ <自分なりのめやす> ぜひお勧めしたい ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ みる価値あり ⭐️⭐️⭐️⭐️ 時間があれば ⭐️⭐️⭐️ 無理しなくても ⭐️⭐️ 後悔するかも ⭐️ (8)『いま、ダンスをするのは誰だ?』(2022年…

1月のあれこれ

2月も半ばを過ぎたのに1月にみた映画のことを書いている。内容はほぼ忘れているが、、思い出そうとするとよみがってくるものもある。 老人の日々の記録など取るに足らないものだが、生活のディテールは一日いっとき同じものはない。1月のあれこれを思い出…

「PERFECT DAYS」など2024年1月映画寸評②と配信寸評

みても次々に忘れていく。中身はともかく?みたことだけでも記録しておかないと、何にも残らない。よかったのか、つまらなかったのか、これを読んでくださっている方に<自分なりのめやす>をお知らせすることにした。 2024年1月映画寸評② <自分なりのめや…

「正欲」など2024年1月映画寸評①

昨日は春一番。境川沿いの河津桜も咲き始めた。 今朝は一転、北風。カワセミの姿も見えない。 2024年1月 映画寸評① <自分なりのめやす> ぜひお勧めしたい ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ みる価値あり ⭐️⭐️⭐️⭐️ 時間があれば ⭐️⭐️⭐️ 無理しなくても ⭐️⭐️ 後悔するかも ⭐️ (1…

友人が住む穴水町、全壊、半壊1000世帯超、死者16名。

1月はブログに気持ちが向かなかった。 能登地震、羽田の事故と続いて始まった2024年。 それまで、ジャニーズ、日大、宝塚、パレスチナが授業の初めのトピックス交換の定番だったが、能登の地震がそこに加わった。 学生の中に東北で育った人も何人かいて、彼…

「小澤征爾さん、死去」

夜明け前、いつものように玄関のドアを開けて朝刊をとった。 いつも一面のタイトルだけ見る。 「小澤征爾さん 死去」。驚きはするが、すぐに「長い間ご苦労様でした」とひとりごちる。88歳。心不全。心臓が動くのをやめた。自然なことなのだと思う。 誰もが…

沢村貞子『老いの道づれ』(1995年 岩波書店)で、山田太一に出会った。

雪の重みで折れた近所のミモザの木、裂かれた枝が無惨だったが、今朝は片付けられていた。樹影は3分の2ほどに。 ひとり散歩。Mさん、昨日から不調。風邪のようだ。 出かける予定を変更。先日、本を整理中の友人K氏からもらった『老いの道づれ』(沢村貞子 1…

「会うのって中学(を卒業してからだから5年)ぶりだよね」

週に一度の「旗持ち」のあと二日ぶりの散歩に出かけた。 *「旗持ち」という言葉、一年前に初めて耳にした。小学生の通学の安全を守るため地域の人が横断歩道などに交通安全の黄色い旗を持って立つことを指すのだそうだ。 近くの(と言っても20分はかかるが…

横浜で雪が降ると・・・。

5日、降雪は夕方からという予報、何も考えずに傘を持たずに本厚木kikiへ。 『ファースト カウ』を見終わったのが13時40分。食事をしようと外へ出ると、雪。 近くの日高屋で食事をしながらMさんのLINEを見ると、雪が積もった庭の写真。こっちよりもかなり多い…

隠居生活、始まる。

先日、授業が終わった。 2016年から8年間、下高井戸の文理学部に通った。いや、2020〜21年の2年間は自分の部屋から授業をしたから通ったのは6年間か。 公立の中学校には着任式や離・退任式というのがある。そこでは教員一人ひとりが、職員や生徒の前でひと…

2023年に見た映画の総括。

またまたご無沙汰である。1月もあと2日。 昨年みた映画を並べてみる。年々本数は減っている。題名をみても憶えていない映画も何本かある。老化防止と思ってみるのだが、あまり役には立っていないようだ。 理屈はいいから、のめりこまされる映画を見たいも…

12月後半のあれこれ。良いお年をお迎えください。

前回の続き 12月22日、アートフォーラムあざみ野で愉音のコンサート。 「ロマンティッククリスマスコンサート」と銘打たれてはいるが、内容的には重厚なもの。 はじめにクララ・シューマンの「3つのロマンス」OP.22より第1番。 松本紘佳(Vn) 松本有理江(P…

慌ただしさを感じない 12月もあと1週間

12月もあと1週間。 今年は慌ただしさを感じない。年賀状をやめたせいかもしれない。 昨年暮れ、二人とも2023年をかぎりにやめることにした。 数が多いことを理由に、いつしか表も裏もパソコン印刷。1、2行手書きで近況を書くだけの年賀状を長年続けてきた。…

柚餅子のこと

今日、冬至である。 近所の方からいただいた柚子を入れて風呂に入る。 庭の柚子はまだ収穫していない。ざっと20個ほど生っている。 いつとるかは”庭主任”のMさんが決める。今年も柚餅子をつくる予定のようだ。 昨年はいくつも生らなかったので、、北村小夜さ…

空海に会いにいく

朝から雨。出る時には上がっていたが、傘を持って出かける。途中で降ってくるが、傘をさすほどでもない。 雨でもカワセミは活動する。水面から2メートル付近でのホバリングを続けて見かける。かと思うと、私たちに歩を合わせるようにように、葦の穂先に留ま…

コンサートに映画、講演会・・・酒。

朝の散歩の出がけの気温は7℃台。風も冷たいのだが、境川河畔に出る頃には、背中に朝日があたり、手袋もネックウオーマーも外してしまう。冬というにはまだ早いようだ。 昨日、帰り道、小さめのカワセミを見かける。しばし立ちどまって観察。今までにない光景…

10月の映画備忘録② 『アンダーカレント』『PIGGY ピギー』『コンフィデンス 国際共助捜査』

10月の映画備忘録② 10月16日 『アンダーカレント』(2023年/日本/143分/原作:豊田徹也(2005年アンダーカレント)/脚本:今泉力哉・澤井香織/監督・今泉力哉/出演:真木よう子・井浦新・リリーフランキー・永山瑛太・江口のりこ・康すおん 他/2023年…

10月の映画備忘録①:『BAD LANDS   バッド・ランズ』『ほつれる』そして『月』

10月の映画備忘録①。 10月12日 『BAD LANDS バッド・ランズ』(2023年/日本/143分/原作:黒川博行/脚本・監督:原田眞人/出演:安藤サクラ・山田涼介・宇崎竜童・江口のりこ・天童よしみ/2023年9月29日公開) 封切りから2週間経っていなかったが、客…

イスラエル情勢、相変わらず情けない日本。

暖かい日が続いた。霜もまだ降りない。二十四節気の霜降も過ぎ、きのうは立冬。ぽかぽかと温かい日差しに、これは小春日和でなく小夏日和だと・・・前にも書いたか。 散歩の途中、最初の休憩水分補給地点が大きな大島桜の下。この木は根元が7つに分かれてい…

10月のいろいろ

10月のいろいろ。日々の備忘録。 9月の終わりに授業が始まった。資料準備のために、いろいろなことが疎かになる。ブログも後回しに、というよりほぼ書いていない。 毎年のことだし、そんなに生真面目に準備をしなくてもいいのにとは思うのだが、毎年というの…

凄まじい虐殺が続いている

ここ数日、朝の気温が14℃前後。境川河畔の遊歩道、日当たりの良い大和市側を歩くと、背中に日が当たり、汗ばんでくる。すでに二十四節気では霜降もすぎて、立冬目前というのに。新聞には「小夏日和」という言葉も。 会合があり、神奈中バス、小田急、JR東海…

第三者委員会報告書

きのう、日大問題について第三者委員会の報告が出た。3人の委員による1時間半の記者会見は異例。 すでに日大のHPには93ページに及ぶ本文と24ページの要約が付されている。 まとめれば情報共有の不徹底とガバナンスの不確立というところか。 公立の中学に在職…

日大問題、執行部の内輪揉め。ガバナンス確立どころの話じゃない。林氏起用は破産しているのではないか。

ずいぶん秋めいてきた。気温14℃。風なし。 境川河畔も水辺の鳥たちの数が日に日に増えてきている。特にシラサギが目につく。 シラサギの近くにたいていカワウがいる。 共助というか共生というか。カワウが潜って餌を追いかけると、その勢いで水面近くに小魚…

内海新祐著『「ケア」を謳わないケア 児童養護施設・心理職の視点から』目の前の現実と、学問的知見や思想的な世界とのあいだを自在に行き来しているような軽やかさ、融通無碍な印象。

ハマスによるイスラエルへの攻撃。 私には、突然にとしか思えないが、当事者にとってはそうではないのだろう。長い間の憎しみの連鎖がまた爆発したということだ。 2000発ものロケット弾、街中への侵入と殺戮、誘拐。どうみても非道なやり方だが、 一方、イス…

備忘録。9月後半のいろいろ。

前回、18日の保土ヶ谷公園のことを書いたが、実は前日も保土ヶ谷公園に来ていた。 友人のTさんに誘われ公園内の保土ヶ谷球場へ。Y校と桐蔭学園の試合を見た。秋季大会とはいえひどく暑い日、先に来ていたTさんが屋根のある席を確保してくれたので強い日差し…

1週間で季節が入れ替わったようで、ようやく秋色のきざし。

この1週間で季節が入れ替わったようで、ようやく秋色のきざしが見えた。 セミは9月の初めに虫と重なって鳴き、無事に選手交代をはたしたのに、気温がいつまでも下がらず、本当に長い夏だった。 このブログ、前回のアップが9月18日。ずいぶんあいだが空いて…

『逃げ切れた夢』・・・喋り続ける光石研、日常の何気ないズレや誤解をうまく表現     『ぼくたちの哲学教室』・・・日本の「教室」との大きな違い、歴史と文化を抱えた「哲学」   『福田村事件』・・・見えないものに怯える言葉にならない恐怖感が伝わってこない

映画備忘録(8月31日〜9月12日) 記憶もずいぶん薄れてきてしまった。印象だけを簡単に。 『逃げきれた夢』(2023年/日本/93分/脚本・監督:二宮竜太郎/出演:光石研 松重豊 坂井真紀 他 /公開2023年6月9日) いい映画だと思った。なんとなく主人公が抱え…

『安全でおいしい日本のお魚をたくさん食べて中国に勝ちましょう』国民運動という胡散臭さ。コロナ同様、また有象無象が大金に群がり、税金を蝕むのではないか?

食べて応援・・・ 大臣らがあちこちで福島産の海産物の試食をしているらしい。国内消費を拡大するために各省庁の食堂では福島産の海産物を使用したメニューを増やすという。政策とは言えないとってつけたようなことを堂々と恥ずかしげもなくできるのが政治家…

東京新聞の海洋放出報道に疑義あり。

昨日の東京新聞夕刊に、今中哲二氏の原発処理水放出についての論考が掲載された。 今中氏は、「薄めても放射性物質がなくなるわけではな」く、「漁業者をはじめとする多くの団体や地元議会の反対派無視された。」と、今回の事態を明確に評価、批判する。「20…

『あしたの少女』(2023年8月25日公開)韓国社会の歴史と政治の歪みを、2人の女性の視点から痛烈に指弾している。しかし、同時にスクリーンから感じられるのは、立場も性格も全く違う2人の女性の間に流れる「私たちは繋がっている!」という叫びのような痛苦だ。

映画備忘録 この映画を見たのは8月31日。1週間前のことになる。でも印象は強烈に残っている。 残念だったのは、封切りから1週間なのに客席がまばらだったこと。『福田村事件』は立錐の余地もないとか。比べても仕方ないけど。 『あしたの少女』(2022年/1…