映画

『ベイビーブローカー』…ソン・ガンホ・・・何でもなることはできるかもしれない。しかし何度も違うものになることは自分を超える想像力と技能がなければできないことだ。

映画備忘録。 6月29日、グランベリーパークの109シネマズで 『ベイビーブローカー』(2022年製作/130分/韓国/原題:Broker/脚本・監督:是枝裕和/出演:ソン・ガンホ カン・ドンウォン ペ・ドゥナ ムン・ソヨン/日本公開2022年6月24日) 今年46本目。 …

『息子の面影』『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』『教育と愛国』

今、35℃。 マンションのエントランスを出たところにミモザの木がある畑がある。 カボチャとスイカが植わっている。蔓の伸びた途中に黄色い花が花が咲いている。カボチャだ。 一昨日、その蔓がミモザの10㌢手前にあった。きのう、ミモザに届いた。今朝、ミモ…

配信で『さがす』『mellow』『ちょっと思い出しただけ』。劇場で『ひまわり』『チタン』

10日間で青空が見えたのが1日。 散歩をしていても、景色がぼんやりしている。カワセミの鮮やかな青までがややぼけて見える。 今朝、19日の朝だが久しぶりの青空。雪が少なくなった富士山の頂が見える。 映画備忘録。 Amazonの配信で『mellow』(2020年/監…

『親愛なる同志たちへ』現ロシア政府への忖度も感じられないわけではないが、それでも国家と個人の問題を突き詰めた映画だ。

映画の備忘録、記録していない映画が3,4本。 6月1日あつぎのえいがかんkiki 『親愛なる同志たちへ』(2020年製作/121分/G/ロシア/原題:Dorogie Tovarischi(ロシア語:親愛なる同志/監督・アンドレイ・コンチャロフスキー/出演:ユリア・ビソツカヤほ…

映画5本まとめて。『林檎とポラロイド』『かば』『佐々木、イン、マイマイン』『流浪の月』『ハッチング 孵化』

映画備忘録。ざっとまとめて。 いつの間にかたまってしまった。記録だけはしておかないと落ち着かない。 5本まとめて。 5月17日 『林檎とポラロイド』(2020年製作/90分/G/ギリシャ・ポーランド・スロベニア合作/原題:Mila/監督:クリストス・ニク/出…

『コーダ あいのうた』ストーリーは変哲のないものだが、シーン一つひとつの凝集性、稠密性がすばらしい。 観衆がそこからうけとめるものは、多様で豊かで深いものだ。

映画備忘録。 5月3日。 『コーダ あいのうた』(2021年製作/112分/PG12/アメリカ・フランス・カナダ合作/原題:CODA/脚本・監督:シアン・ヘダー/出演:エミリア・ジョーンズ トロイ・コッツアー マーリー・マトロン ダニエル・デュラント/日本公開2022…

『ベルファスト』どうして映画に入っていけなかったのか。

映画備忘録。5月3日。あつぎのえいがかんkiki 『ベルファスト』(2021年製作/98分/G/イギリス/原題:Belfast/脚本・監督:ケネス・ブラナー/出演:カトリーナ・バルフ ジュディ・デンチ ジュード・ヒル キアラン・ハインズ/日本公開2022年3月25日) 俳…

『カモン カモン』子どものもつ不思議と、それに向き合う大人の頼りなさ、たどたどしさをマイク・ミルズの脚本は見事に描き切っている。ホアキンとウッディー・ノーマンは演出やセリフだということを感じさせない自然さで演じている。

映画備忘録。5月2日、グランベリー109シネマズ 『カモンカモン』(2021年製作/108分/G/アメリカ/原題:C'mon C'mon/脚本-監督:マイク・ミルズ/出演:ホアキン・フェニックス ウッディー・ノーマン ギャビー・ホフマン/日本公開2022年4月22日) 「20セ…

『愛なのに』『猫が逃げた』今泉と城定が互いに脚本を提供しあってR15+指定のラブストーリー映画を製作するコラボレーション企画「L/R15」『愛なのに』が面白かった。

映画備忘録。4月26日。 今泉力哉×城定秀夫のコラボ、2本を続けて。 1本目 『愛なのに』(2022年製作/107分/R15+/日本/脚本:今泉力哉・城定秀夫/監督:城定秀夫/出演:瀬戸康史 佐藤ほなみ 河合優実 中島歩/公開2025年2月25日) 狭い世界の男女の物語。…

『僕の帰る場所』『白骨街道ACT1』 ”映画を見てミャンマーを知る”って言われても・・・。

映画備忘録 4月22日。 『僕の帰る場所』(2017年製作/98分/G/日本・ミャンマー合作/脚本・監督:藤元明緒/出演:カウンミャットゥ ケインミャットゥ アイセ テッミャッナイン 津田寛治 他/日本公開:2018年10月18日) 日本とミャンマーを舞台に、ある在…

『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』登場人物はみななかなかに魅力的で、雰囲気もあるのだが、全体に流れるトーンがなんだか定まらず、見る方は集中力を欠いてしまった。

映画備忘録 4月22日 あつぎのえいがかんKIKIの1本目 『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』(2022年製作/128分/G/イギリス/原題:Operation Mincemeat/監督:ジョン・マッデン/コリン・ファース マシュー・マクファディン ケリー・マクド…

『親密な他人』何かありそうに見えるのだが、皮をむいたら空洞? 見る人にもよるのだろうが、私には退屈だった。

[ 映画備忘録。4月15日シネマジャック&ベティの2本目。 『親密な他人』(2021年製作/96分/G/日本/脚本・監督:中村真夕/黒沢あすか 神尾楓珠/公開:2022年3月5日) 中村監督の作品は『ナオトひとりっきり』(2015年)と『愛国者に気をつけろ』(2020年…

『ウクライナ オン ファイアー』(2016年)『ドンバス2016』(2015年)前者はウクライナとロシアの歴史、とりわけナチズムが過去のものではないこと、後者は現実の内戦の実態と人々の憎悪を知ることができた。

ウ クライナとロシアの戦争は休戦交渉が進んでいない。ドンバス地方に対するロシアの構成が強まっているという報道が続いている。 朝から夕方まで断続的に2本のyoutubeを見た。 1本は『プラトーン』のオリバー・ストーン監督がエグゼブティブプロデューサー…

『白い牛のバラッド』刑務所の広大な中庭にたたずむ白い牛は、イラン社会を象徴する牛乳工場の暗喩か、それとも無実の罪を負った夫を殺す国家の暗喩か、はたまた毒を入れた牛乳そのものの暗喩か?

映画備忘録4月15日、シネマ・ジャック&ベティの1本目。 『白い牛のバラッド』(2020年製作/105分/G/イラン・フランス合作/原題:Ghasideyeh gave sefid/脚本・監督:マリヤム・モガッダム ベタシュ・サナイハ/出演:マリヤム・モガッダム アリレザ・サ…

『ブラックボックス』独特の聴覚をもつマチューの対人的な困難と苦悩をピエール・ニネが好演している。

映画備忘録 4月12日,kikiの二本目。 『ブラックボックス』(2021年製作/129分/G/フランス/原題:Boite noire/脚本:ヤン・ゴズラン シモン・ムタイルー/監督:ヤン・ゴズラン/出演:ピエール・ニネ ルードゥ・ラージュ/日本公開:2022年1月21日) 「イヴ…

『前科者』残念。そもそも佳代のような20代の若者が保護司となるケースはまずほとんどないわけで、原作はそこにストーリー性を求めていて、ぎりぎり保護司の線を守りつつ・・・という感じだったが、映画版はまるで熱血保護司。これでは保護司としては不適格。誤解さえ生むのではないか。

映画備忘録。4月12日、kikiの1本目。 『前科者』(2022年製作/133分/PG12/日本/原作:香川まさひと 月島冬二/脚本・監督岸善幸/出演:有村架純 森田剛 磯村優斗 若葉竜也 マキタスポーツ 石橋静河 リリー・フランキー 木村多江他/公開:2022年1月28日)…

『北風アウトサイダー』HPのストーリー、映画サイトでのレビューの数字が高いこと、それとタイトルに惹かれてみようと思ったのだが・・・。

映画備忘録。4月5日、kiki、2本目。 『北風アウトサイダー』(2022年製作/151分/G/日本/脚本・監督:崔哲浩/出演:崔哲浩 櫂作真帆 伊藤航 上田和光他/公開2022年2月11日) 大阪府生野にある在日朝鮮人の町。みんなの母代わりであるオモニ(オカン)の葬儀…

『グレイト・インディアンズ・キッチン』教員である夫とリタイアした義父。二人に埋め込まれた差別の心理を、言葉よりただただ行動を追うことでていねいに描き出している。

映画備忘録。4月5日。 『グレイト・インディアンズ・キッチン』(2021年製作/100分/G/インド/原題:The Great Indian Kitchen/脚本・監督:ジョーベービ/ニミシャ・サザヤン スラージ・ベニャーラムード/日本公開2022年1月21日) ある一組の夫婦の姿を…

『水俣曼荼羅』

映画備忘録。 3月22日(火)あつぎのえいがかんkiki 『水俣曼荼羅』(2020年製作/372分/日本/配給:疾走プロダクション/監督:原一男/編集・構成:秦岳志/公開2021年11月27日) 「ゆきゆきて、神軍」「全身小説家」「ニッポン国VS泉南石綿村」などを世に…

『THE BATMAN-ザ・バットマン』あれほど陰鬱なのになぜか深みに欠けるのはどうしてだ?

映画備忘録。 3月17日、グランベリーシネマ。 『THE BATMAN-ザ・バットマン』(2022年製作/176分/G/アメリカ/原題:The Batman/監督:マット・リーブス/出演:ロバート・パティンソン ゾーイ・クラビッツ ジェフリーライト ポール・ダノ/日本公開2022年…

見逃し映画

ヤマザクラ 見逃した映画のことなど普段は忘れているが、配信などで偶然見つかるとうれしくなる。 先日も、石井裕也監督の『アジアの天使』(2021年7月)と『かそけきサンカヨウ』(2021年10月)の2本を見つけた。 有料(500円)だった『アジアの天使』は、…

『ただ悪より救いたまえ』ファン・ジョンミンもいいが、イ・ジョンジェが凄い。これほど不気味で冷徹な雰囲気をたたえ、綻びのない悪の演技はなかなか見られない。

映画備忘録。3月14日、あつぎのえいがかんkiki 2本目。 『ただ悪より救いたまえ』(2020年製作/108分/PG12/韓国/原題:Deliver Us from Evil/脚本・監督:ホン・ウオンチャン/出演:ファン・ジョンミン イ・ジョンジェ 豊原功補/日本公開2021年12月24日)…

『ギャング・オブ・アメリカ』(原題:Lansky)・・・ランスキーの、欲望と諦念が同居する人間味の深さがいい。

一昨日、散歩の途中、二人でモクレンの木を見上げて能天気に「見たことのない鳥だね、なんだろうねえ」などと話していたら、うしろから「ツグミですよ」の声。 いつも挨拶だけはする高齢の男性。賢そうなボーダーコリーを連れている。散歩というより訓練のた…

『牛久』(2021年製作/87分/G/日本/監督・撮影・編集:トーマス・アッシュ/日本公開2022年2月26日)日本に住む外国人の手によってつくられた映画。長期の強制収容の問題を明らかにする。

映画備忘録。3月11日、2本目。 『牛久』(2021年製作/87分/G/日本/監督・撮影・編集:トーマス・アッシュ/日本公開2022年2月26日) 茨城県牛久市にある東日本入国管理センターに収容された人々の証言を通し、日本の入管収容所の実態を捉えたドキュメンタ…

『ダークウォーターズ』この闘いも映画も、不屈の精神をもった人々の共感からできていると思った。               「この映画で一番述べたいことは、ぼくたちに知る権利があるということだ」(マーク・ラファロ)

きのう、ミモザの写真を載せたが、今朝通りがかったら、黄色がさらに鮮やかを増していた。そこここで梅が盛りだが、ミモザはあまり見かけない。豊かな黄色を見るたびに、ふしぎな満足感に包まれる。 ネットで検索すると、グループホームや高齢者専用住宅に”…

『無聲』(2020年・台湾)昼間の明るいところで行われる凄惨なシーンと、夜のプールでベイベイが泳ぐシーンなどベイベイの心理の複雑さ、細やかさが映像としてよく描かれていると思った

映画備忘録。3月8日、ジャック&ベテイの2本目。 『無聲』(2020年製作/104分/PG12/台湾/原題:無聲 The Silent Forest/監督:コ・チェンニエン/出演:リウ・ツーチャン チェン・イェンフエイ キム・ヒョンビン/日本公開2020年1月14日) 聴覚障害をも…

『マヤの秘密』夫婦の間で守らなければならない秘密の圧倒的な重さ。 ラストシーンは、そこにつながる意外な終わり方。

映画備忘録 3月1日 シネマジャック&ベテイで。 『マヤの秘密』(2020年製作/97分/G/アメリカ/原題:The Secrets We Keep/監督:ユバル・アドラー出演:ノオミ・ラパス ジョエル・キナマン クリス・メッシーナ エイミー・サイメッツ/2022年2月18日日本公…

『ウエスト・サイド・ストーリー』長尺の157分、長さを感じさせない。堪能。

映画備忘録 3月4日、グランベリーパークシネマ。 『ウエスト・サイド・ストーリー』(2021年製作/157分/G/アメリカ/原題:West Side Story/監督:スティーブン・スピルバーグ/出演:アンセル・エルゴート レイチェル・ゼグラー アリアナ・デボーズ リタ…

『ONODA 一万夜を越えて』津田寛治と仲野大賀とエッセー尾形の3人によって、小野田と日本の間に流れた時間の残酷さがしっかり描かれていたと思う。

映画備忘録。 2月18日。 『ONODA 一万夜を越えて』(2021年製作/174分/G/フランス・ドイツ・ベルギー・イタリア・日本合作/原題:Onoda, 10 000 nuits dans la jungle/脚本:ニコラ・アントメ/監督・アルチュール・アラリ/出演:津田寛治 仲野大賀、イ…

『CHAIN』観客、いや私が置いてけぼり。暗くても聞き取れなくても、伝わってくるものがあればいいのに。

映画備忘録。 2月22日。 『CHAIN』(2021年製作/113分/G/日本/脚本:港岳彦/監督:福岡芳穂/出演:上川周作 塩顕治/2021年11月26日公開) 京都造形芸術大学映画学科の学生とプロの映画スタッフ、キャストが一丸となり劇場公開映画を製作するプロジェクト…