5月のあれこれ③ 兄弟の会、鬼怒川温泉へ。Kさんお見舞いツアーで三島へ。

岐阜にでかけたことについては書いたが、その後もあちこち出掛けていた。

少しだけ。

 

5月27日、鬼怒川温泉。3人の兄弟が夫婦で集まる。

北千住から東武電車のスペーシアXに初めて乗る。

子どもたちが小さかった頃、スペーシアには何度も乗った。帰省するには最もリーズナブルなのが東武電車から野岩鉄道会津鉄道と乗り継いで会津若松に行く方法。

新幹線と磐越西線を使うのが一番早いのだが、帰省は急ぐ旅ではない。当時、横浜・菊名の家を出てから8時間ほどもかかったと思う。

兄弟三夫婦は、年に一度は集まっていたのだが、コロナのおかげで今回の旅は2019年以来5年ぶりということになる。

久しぶりに互いの老いと近況を確認。再会を約して分かれる。

 

5月30日、静岡に住む友人Kさんが病を得て治療に入っているという情報をもたらしてくれたのは誰だったか。

最後にKさんと会ったのはいつだったか。ずいぶん長い間、会っていない事は間違いない。

そこで「Kさんお見舞い三島ツアー」を企画、呼びかけたところ、

埼玉、千葉、山梨、愛知、大阪の友人がこれに応えて集まることに。ほぼ東海道新幹線の近縁に住む人たち。

お見舞いに伺いますと連絡したところ、Kさん、活動魂が蘇ったのか、

「ちょうどその日、こちらで市民運動の集まりがある。弁当を一緒に食べながら交流をしないか」という提案。

12時三島駅集合。

駅頭に佇むKさん、思いのほか元気そうで一同ひと安心。皆いつもの軽口が戻ってくる。

市民運動の方々との交流では、先の静岡県知事選についての評価、来たる都知事選の行方など盛り上がる。

労組や党派の活動家として、長く地元で活動してきた方のお話など、興味深かった。

 

Kさんから「せっかくここまできたのだから三島スカイウォークに行ってはどうか」という提案。

箱根西麓にある人間しか渡れない長さ日本最長400メートルの吊り橋。入場料は1000円。

どちらかといえば、私も含めて早く🍶の方に移行したい人が多く、この提案は採用されなかった。

その代わりに、三島大社見学と源平川水辺ウオーク。

三島大社と言っても、生真面目に参拝する人たちではない。ふんふん言いながら柏手も打たずに通過。

街中を流れる源平川の清流。夏でもここだけは涼しい。

小一時間、市内を流れる清流を愛でながら、🍶会場の蕎麦屋さんまで歩く。

Kさんの病気の経過をお聞きしたあとは、久しぶりに近況報告。

陽の落ちるまで宴は続き、2時間へと突入していった。

皆かなりきこしめておりますなあ。