2019年7月の記事

『山中静夫氏の尊厳死』(南佳士)の原作を読んでみた。その一

このあいだ、映画『山中静夫氏の尊厳死』について書いた。梅雀と津田寛治という二人の役者を起用したにしては、出来は決して良いものとは思えなかった。どこかひっかかるかるものがあったので、原作を読んでみようと探したら、2004年に出た文庫本が中古で見…

まだ梅雨は明けない。れいわ新選組、2人当選。問われるのは国会だけだろうか。

あれよあれよという間に1週間が経ってしまった。歳月人を待たず、の実感。大げさか。 16日、「ドクターストップがかかっていないようでしたら」という元同僚Aさんお誘いにすぐに飛びついて出かける。Tさんと3人で長津田のS。いつものように談論風発。沈黙の…

「壮行会」と短編映画『東電刑事裁判 動かぬ証拠と原発事故』

7月14日 昨日、かつての職場の同僚で”がんサバイバー”のおふたり、MさんとTさんが「壮行会」を開いてくれた。 会場はあざみ野の「割烹SEKIDO]」。初めてのお店。コース料理だけだが、季節感のあるかなり凝った料理を出す。アユの炊き込みご飯が美味しかった…

『沈没家族』『アナと世界の終わり』・・・れいわ新選組

7月11日Pクリニックの診察。I医師「手術前の体調としては万全」との太鼓判。 いつものようにO薬局で30分待たされたあとに珍しく一緒にデパートS屋へ。 Mさんが日傘を買ってくれるという。 デパートの傘売り場に足を踏み入れたのはいつ以来か。 男の日傘、け…

見逃し映画の覚え書き⑥ 『菊とギロチン』『追憶』『オー、ルーシー!』『ビブリア古書店の事件手帖』『音量上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』

7月6日県立こども医療センターへ紘人に会いに行く。 ようやく兄弟、祖父母の面会が許可に。 6月24日に心臓疾患の前段階の手術。3週間ほどの入院。3日に院内で生後2か月を迎えた。 10日ほどでICUからは出たが、まだ一般病室には入れない。病院の入り口で面会…

読み飛ばし読書備忘録④文子、この時23歳。人生のほとんどを学校や師と無縁に過ごしたいわゆる無籍者。文字も思想もすべて自分の家族や虐げられた生活の中から掴んだもの。文子の凄絶ともいえるものの「掴み方」に驚かされるばかりだ。

7月6日 今日(4日)で3日連続の境川遊歩道の雨中散歩。らいは一緒に行けないので不満げ。 傘をさしていても風がないから気にならない。 雨でもカワセミは朝食の捕食に懸命。鮮やかな青を翻しながら水面すれすれを空気を切るように滑空する。細い枝にとまって…

ブカレスト在住のYさんがチェルノブイリツアーのレポートを送ってくださった。

ルーマニア在住の友人Yさんが、6月に参加したチェルノブイリツアーのレポートを送ってくれた。彼はこのブログの最も遠隔地の読者(たぶん)。貴重なレポートなので皆さんにも紹介したい旨伝えると、快諾してくださった。 本文には写真が何枚もついているのだ…

大阪市立泉尾北小学校の『「天皇陛下ご即位記念」児童朝礼』

7月1日 毎日曇天、時々小雨。 7月になった。2019年の後半に入った。 午前中、同期のFさんに電話。病気の話をいろいろと伺う。Fさん、長い闘病生活を続けているだけに、一つひとつの言葉が重く説得力がある。いくつか今後気をつけなければならないことをお聞…

『コレット』『僕たちは希望という名の列車に乗った』(ネタバレあり)

6月28日新百合ヶ丘の川崎アートセンター、アルテリオ映像館へ。本日レディスデー、座席は100席とちょっとしかないので早めに出かける。上映40分前に到着。 『コレット』(2018年・英米合作・111分・原題“Colette”・監督ウォッシュ・ウエストモアランド・主演…