政治その他

集票マシーンとしての宗教団体。自民党は信者への抑圧に加担し続けてきた。

6月末の梅雨明け宣言前の暑さに比べると、この数日間は過ごしやすい。 日中から夜にかけてエアコンを使うが、寝るときには扇風機で十分。いやな冷え方をしないで済んでいる。 生垣の葉に絡まるカボチャの蔓 カボチャの蔓。すごい勢い。ミモザの木を越えてそ…

統一教会と安倍・自民党とのつながりが投票行動に影響を与えると考えているとしたら、マスコミこそ傲慢の誹りを免れない。

投票所に行ってきた。 不思議なポスターが掲示板に増えていた。 去年のことだ。 www.mag2.c マスコミはいつまで安倍と統一教会の関係をかくすのか? 選挙への影響を考えてのことか。 統一教会と安倍・自民党とのつながりが投票行動に影響を与えると考えてい…

安倍元首相暗殺さる。もっと冷静に功罪を語るべき。

7月8日、安倍元総理、暗殺。 直後からテレビで繰り返されるその瞬間。2発の大きな音の直後にSPらしい人間が数人、犯人にとびかかる。 それほど多くの聴衆がいたわけではないのに、SPは犯人山上徹也に注意を向けていなかった。 安倍の後方に山上容疑者が映…

沖縄戦の語り部の伝え部津田憲一さん。

快晴。散歩の時の気温は29℃。風が強いせいか湿気はあまり気にならない。午後の時間帯は34℃が並んでいる。先週の初めは梅雨寒?なんて言っていたのだが。 週間予報には雨マークがない。空梅雨か。夜は窓を開けて扇風機で眠るようにして3日目。就寝時のエアコ…

4月25日の五十嵐進さんの文章、出典『駱駝の瘤』『らん』の紹介と長周新聞。

4月25日に、福島・喜多方在住の俳人、五十嵐進さんの文章を紹介した。 何人かの方から反応があった。 文章が掲載された同人誌『駱駝の瘤』は、2011年の東京電力福島第一発電所の事故から11年を経た今、フクシマ現地ではどんなことが起きているのか、その状況…

除染をサボタージュし、あろうことか住民の「心の除染」を進めようというフクシマ現地の行政の「心の汚染」・・・五十嵐進さんの「農を続けながら」から。野池元基さんと島明美さんの取り組み。

喜多方在住の元高校の教員で俳人の五十嵐進さんとはもう30年を超すお付き合いになる。 初めは、私が所属してきた横浜学校労組の機関紙の読者として、2011年以後はその機関紙への連載「喜多方から」の執筆者して(25回の連載と関連句を合わせて『雪を耕す』(…

田中前理事長、示威行動ともとれる大学関係者との面会を繰り返す。

また日大事件。 今朝の東京新聞が、田中元理事長が有罪確定後も大学の施設で関係者らと面会していたことを報じている。内部告発だろう。小さい記事だが東京新聞のスクープのようだ。 昨日、背任事件の裁判で吉田被告が検察の冒頭意見陳述に対して事実関係を…

田中元理事長、執行猶予と罰金で放免。明らかな政治案件。 守られたのは「妻」だけではない。いったい何人の政治家が守られたのか。

境川河畔のソメイヨシノ、28日には咲き始めていた。 昨夜の雨で低温となった気温が持ち越され、今朝4℃。絵にかいたような寒の戻りの中少し震えながら歩いたのだが、遅咲きのオオシマザクラも満開となっていて、桜はみな冷凍保存されたように咲いていた。 29…

ゼレンスキー大統領演説。これで日本は完全に旗幟を鮮明にしてしまった。ゼレンスキー大統領に国会演説をさせてはいけなかったと思う。

ゼレンスキー大統領の日本の国会でのオンライン演説が、昨夜18時から行われた。 みなさんの印象はどんなものだったろうか。 演説は、予想された東京大空襲や原爆について言及することなく、真珠湾やチャーチルの言葉、ベルリンの壁について触れたアメリカや…

ゼレンスキー・ウクライナ大統領国会演説、今夜18時から。

きのう朝は冷え込んだ。明け方に雨が降り始めた時は8℃ぐらいだったが、夕方には2℃まで下がった。まさに寒の戻り。 一昨日の夜、映画『水俣曼荼羅』を見ることを決意。 決意とまで書いたのは、この映画6時間を超える大作だからだ。11月に封切られたが見る機…

どんな時でも、政権と民衆は別もの。大事なことは民衆同士が連帯することだ。

全国各地で「ウクライナを救え」という募金活動が活発だ。自治体が率先してウクライナの国旗を掲げたり、募金のお礼にとウクライナ国旗のシールを配っているところもある。募金をした人は眼鏡の蔓などにそれを貼り付けている。 国旗を模したウクライナ丼なる…

停戦への大きな条件は「アメリカのNATOからの離脱」。大義を捨ててまず「停戦」すること、人々の命と生活をまもることが優先されなければならないと思う。

停戦交渉は遅々として進まない。 NATO国家は武器供与をしながら避難民を受け入れているが、大枠の構造は、ウクライナの政権と軍と民衆を前面に押し立てて、ロシアに拮抗させているだけだ。 その結果、国内外含めて1000万人を優に超す避難民を生み出し続け、…

岸田政権は安倍を特使としてロシアに派遣し、停戦の仲立ち役とすべきではないのか。 ウラジミール、シンゾーと呼び合った仲だというから。

「政府は15日、ロシア軍の侵攻でウクライナから逃れた避難民の受け入れについて、原行の「短期滞在」(90日)の在留資格から就労が可能な「特定活動」(1年)への変更を認める方針を明らかにした。日本に身元を保証する親類らがいない場合、人道的配慮が必要…

戦況は相変わらず手詰まり状態。首都キエフへの包囲網が狭まり、避難民は250万人を超えた。

張作霖爆殺事件も柳条湖事件も、関東軍の偽旗作戦だった。自作自演。卑劣極まりないやり方。 ナチスのポーランド侵攻も、ナチスがグライヴィッツ事件を自ら画策して、侵攻の大義名分とした。 きのうの報道では、ウクライナ政府は、東部のベラルーシとの国境…

今、戦闘を止める手立てをもっているのは誰なのか。

畑のミモザ 1月27日 畑のミモザ 3月12日 今朝 ウクライナに米軍を通じてミグ29を供与するというポーランドの計画に対し、アメリカが拒否。アメリカはロシアからNATOの軍事的関与とみられることを恐れたようだ。 また、EU首脳は、ウクライナのEUへの早期加盟…

ウクライナ避難民200万人を超す。

ウクライナを追われた避難民が8日、200万人を超えた。 避難民の簡易宿泊所と欧州各国への出発地点になっている国境に近いポーランド南東部のプシェミシル市の様子を、東京新聞が報じている。 避難民が目指すのはドイツ。 メルケルが中東・アフリカからの難…

妥協は急ぐべき。時間がかかれば一般の人々の犠牲は増える。 戦争はいつも同じ轍を踏むのだから、悲観的な先行きを回避する努力を、双方が始めるべきだ。

テレビの国会中継。立民の議員が青いシャツに黄色のネクタイで質問をしていた。 街で共産党のビラを配っている高齢女性が、ウクライナの旗を胸につけていた。二条城は青と黄色にライトアップされている。 テレビは反ロシア一色だ。侵略者ロシアと善良なるウ…

始めるほうは、すぐ終わらせられると考えている。しかし戦争は始めるより、終わらせるのが難しい。かつての日本もそうだったように。

国会をはじめ、ロシア非難決議が各地で行われている。 全員一致が多いそうだ。議席にウクライナの国旗に似せた紙を置いたりする議員もいる。あざといと思う。 いま、ロシア非難に躊躇すると、インドか中国のようにお前は親ロシアか?なんて言われてしまいか…

ロシア、ウクライナを侵略。日本政府にはG7やアメリカに追随するだけでなく、独自の平和戦略をもってほしい。

ロシアが戦争を始めた。 まるで満州事変のようなきたないやり方だ。 ただ、戦争は政治とは異なる手段をもってする政治の継続、とすれば、侵略には違いないが、これをロシアの一方的なものとだけ決めつけるわけにはいかない。 アメリカ、NATOとの政治的駆け引…

『ある戦争』(デンマーク・2016年)これも一つのアフガン。

台風14号が和歌山に上陸。 夜半に雨の音がやけにうるさいのでテラス窓を閉めた。ほんの少しだが部屋の温度が上がる。上掛けをはねのける。トイレに立つ。いったん目を覚ますとすぐには眠れない。本を読む。暫くして眠れそうかなと思い目をつぶる。この間30分…

遺跡は自治体のものではなく国民の共有財産。今回発見された遺構は軍施設。発見遺構を現状保存してスタジアムをその上に建設、遺構を整備・展示し、スタジアム内に中国軍管区司令部跡や旧大本営跡などの遺構との連携を図り、広島城周辺の軍事施設を解説する中心的施設とする。これが、原爆投下に至った原因の具体的な姿として活用可能。広島大学名誉教授藤野次史さん(考古学)の講演から。

昨日アップした旧陸軍中国軍管区輜重兵補充部隊跡の保存に関する署名、何人かの方から反応があった。 広島市行政の、かたくななサッカースタジアムのみありきの姿勢、遺跡の評価を適当にあげて一部切り取り保存でお茶を濁すやり方は乱暴かつ野蛮で、まっとう…